永久脱毛とは

永久脱毛とは

永久脱毛とは、一般的には永久的に毛が生えてこない状態の意味として使われています。毛は自分で抜いても抜いても何度でも生えてきますが、これは毛ではなく、毛に栄養を与える毛乳頭にあります。毛乳頭は毛の根元にある毛球に栄養を与えて、毛球が細胞分裂をして毛として伸びていきます。この毛だけを脱毛しても、毛乳頭がある限り、毛はまた伸びていきます。そこで永久脱毛をするためには、この毛乳頭をなくす必要があります。永久脱毛では毛を抜くというよりも毛乳頭を破壊して、今後再び毛が生えてこないようにするものなのです。多くの場合、永久脱毛ができると考えられています。レーザー脱毛の場合、薄い細い毛の場合反応しない場合があるので、そのときにニードル脱毛を利用し、細い毛まで脱毛すれば大丈夫です。毛には毛周期があるので、毛周期にあわせた脱毛回数が必要ですが、脱毛処理した部分からは毛が生えてくることはなくなります。レーザー脱毛だけでは完全に永久脱毛することは難しく、ニードル脱毛では時間がかかりすぎるといわれているので、2つを上手く組み合わせて脱毛していくことが永久脱毛への道なのです。基本的には永久脱毛はしっかりとしたレーザーを扱えたり、技術者がいる医療機関での脱毛が望ましいといえます。